東京ドーム少年野球

「東北の子供たちに夢と希望を!」

被災した人々にとって東日本大震災はいつまでも消えない傷であり、再生にはまだまだ長い道のりがあります。私たちのイベントは、復興支援の風化を止め、支援の輪を広げるためにも大きな意義があると思います。

私たちにできることは極めて限られたことではありますが、

  • 東北の子供たちに夢と希望をもってもらうこと
  • 東北の野球少年の体験が喜びの輪となってその家族や地域の人々に少しでも広がっていくこと
  • 対戦した東京の野球チームをはじめ、各関係者が被災地の人々への想いを再認識すること

という思いを胸に本年もこの大会を実行したいと考えています。

東京本郷ロータリークラブはクラブアイデンティティーとして青少年育成を掲げ、当クラブの活動と理念が復興支援の願いと相俟って企画されたものがこの東京ドーム少年野球大会なのです。第3回東京ドーム少年野球大会を平成27年8月1日(土)に開催することが決まりました。今年度をひと区切りとして東京ドーム少年野球大会を終了したいと思います。8月1日の朝、元気な声と笑顔が東京ドームのグラウンドに響き渡ることを願ってやみません。

-東北の子供たちに夢と希望を- 東京ドーム少年野球大会 実行委員会