2021-22年度クラブテーマ

2021-22年度クラブテーマ ロゴ

会長就任にあたり

新型コロナがなかなか収束しない今、東京本郷ロータリークラブの活動も著しく制限された状態となっています。

今まで当たり前と思っていたことができず、例会でさえも今まで通りの形式での開催は難しくなっています。当クラブは感染すると重症化しやすいと言われている年齢層の会員が多く、クラブの活動の最重要な課題は、如何にして感染のリスクが少ない「安心」な活動ができるかということと考えます。

そして、そのためには、ウェブを利用したハイブリッドの例会など、これまでの活動では採用していなかった新しい技術の導入や、新しい考え方の導入、すなわち「革新」が必要になると考えられます。新しい考え方としては、新型コロナから離れてもSDGsの考え方を念頭に入れる必要があるかも知れません。

そして、このような「安心」と「革新」のもとさらに「前進」することができればと考えます。「前進」は、特にクラブアイデンティティである青少年の健全育成については不可欠で、後退はあり得ないと考えます。

このような状態がいつもで続くかわかりませんが、困難な時こそ会員全員が知恵を出し合い、親睦の精神のもと一丸となって乗り切っていくことが大事と考えます。

どうぞ1年間宜しく願い致します。

東京本郷ロータリークラブ
2021-2022年度会長 熊井 寛